ドスパラ

【レビュー】GALLERIA XA7R-67XTは、ゲームも動画編集もしたい金ない欲張りさんにおすすめだと感じた

Apexにハマりすぎて社会人失格な生活を送っている管理人です。

今回は、大人気ガレリアシリーズから最新のゲーミングPCが販売されたのでレビューしていこうと思います。

そのPCの名は、XA7R-67XT。

CPUにはインテルではなくRyzenを搭載しており、グラボはRadeon製となっているこのPC。

非常に大きな特徴となっているのが、Ray AcceleratorやInfinity Cacheを搭載していることです。

この2つの特徴を併せ持つことにより、高フレームレートと高解像度を実現することが可能となっております。

ドスパラ GALLERIA XA7R-67XT 総合評価

星.4.0

・第9世代のcorei9を凌駕する性能を誇るRyzen 7 3700Xを搭載

・Ray AcceleratorやInfinity Cacheの搭載により、超高速ともいえる処理が可能

・価格は税込みで20万円以内と、コスパ面も優れている

・メモリが16GBなため、若干の不安面あり

スペック・仕様

CPU AMD Ryzen 7 3700X
RAM 16GB
ROM 512GB SSD
グラボ AMD Radeon RX 6700 XT 12GB
サイズ/重量  220(幅)×440(奥行き)×480(高さ) mm
インターフェース 前面:USB 3.2 Gen1 Type-A x4
背面: USB3.1 Gen1(Type-A) x6
持込修理保証 保証期間1年
価格 189,979円(税込)

相変わらずおしゃれなデザインの外装

相変わらずガンメタリックで仕上げられた外装がカッコいいガレリアシリーズ。

昨年デザインが一新され、ガレリアシリーズファンも歓喜したことかと思われます。

虹色に光るゴリゴリなゲーミングPCではないので、一人暮らし大学生の部屋になじむデザインですねぇ。

冷却性能に関してはご安心を。

140㎜サイズの冷却ファンを搭載しており、耐熱性能は十分です。

低速回転でも大風量な大型ファンが、静音性と冷却性能を両立させます。

また、両側面に配置したインテークエリアと天板部分の排気口により、壁側に側面をつける場合でも向きを選ばずに設置が可能らしく、部屋のレイアウトにも悩まされないですね。

CPU、グラボともに最新世代の実力

圧倒的なCPU性能を誇るRyzen7 3700Xと、Radeonシリーズ最新モデルである、RX6700を搭載しています。

にもかかわらず、税込み20万を切る価格なのは余計な機能を省いているからでしょうか。

できるだけ安く、圧倒的なスペックでゲームをプレイしたい。

光量を調整できたり、インターフェイスが充実していたり。

そんな余計な機能はいらない!

そんな方の要望を応えたような、コスパ重視のゲーミングPCとなっております。

もちろん動画編集もサクサク

これだけのグラボとCPUを搭載しているため、将来的には動画編集を行ってみたいと考えている人にもおすすめです。

ただ本格的に行っていこうと思うと、RAM、ROMともに増量したほうが良さそうです。

RAM16GB、SSD512GBとなるので、同時処理や動画の保存に対してあまり無茶はできません。

今後4K動画を編集していこうと思っている方はなおさらですね。