【2022年12月】ドスパラ最新セール情報はこちら>>>

パチンコ屋でおすすめなイヤホン6選!難聴を防ぐために選ぶべきイヤホンの特徴とは。

今回の記事を読むとこんな事がわかります。

パチンコに難聴リスクがあるって本当?

ノイズキャンセリングについての解説

耳栓&普段使いにもオススメのイヤホン5選

パチ屋のホールに響く騒音が辛くて短時間しか遊べないんだ。酷いと次の日まで耳がキーンて鳴るし…

あらゆる世代や年齢問わず、非常に多くの方がプレイしているパチンコですが、人によっては店内に響く環境音が耳に深刻なダメージを与えることがあります。

何度も長時間の滞在・プレイを繰り返していると次の日まで耳鳴りが続いたり、「急性音響性難聴」や「騒音性難聴」になってしまうケースも少なくありません。

『でもパチンコしたいから定期的に足を運んじゃう…』

『健康被害リスクがあるなら存分に楽しめないよ…』

そこで今回は、パチンコ屋で使用するのに最適なノイズキャンセリング機能を搭載したオススメイヤホンを6つご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

パチンコで難聴になる?ヘリコプターが近くにいる状態?

いやぁ〜パチンコで難聴になるわけ無いじゃん…だって、そんなヤバイならとっくの昔に規制されてるでしょ?

オススメイヤホンをご紹介する前に、「パチンコで本当に耳が悪くなるのか?」というデータを集めてみましたので参考にしてみてください。

まずパチンコ屋でのホールの騒音数値ですが、およそ「90dB(デシベル)」のノイズが鳴り響く状態が続きます。(店内の広さや人の入り具合で多少の増減あり)

90dBと聞いてもイマイチ分かりづらいので、世の中に存在する騒音の代表的なエリアなどと比較してみました。

dB(デシベル数値)主な騒音の目安(都内・近郊用)
120〜ジェット機のエンジン音、肉体的な苦痛を感じる
110車のクラクション(至近距離)
100ヘリコプターの近く、電車が通る時のガード下など
90パチンコ店、騒々しい工場、大声による怒鳴り声や独唱
80航空機の機内、ゲームセンター店内など
70地下鉄の車内、主要幹線道路周辺、セミの鳴き声
60カフェやレストランの店内
50銀行窓口、役所窓口周辺など
40図書館内、深夜の住宅街
〜30ささやき声、ホテルの室内

環境省や全国環境研協議会騒音小委員会がまとめたデータによると、パチンコ店での環境騒音は騒々しい工場や大声による怒鳴り声や独唱と同等の騒音であることが伺えます。

この場合は会話の成立がほぼ不可能な状態であり、聴覚的な感覚としてはきわめてうるさく肉体的苦痛に加え音によるストレスが溜まります。その状況が長時間続くと突発性難聴や聴覚障害リスクが高くなる、という訳ですね。

結論としてパチンコ=難聴ではありませんが、聴覚にストレスや影響を与えるのは間違いなさそうです。

対策方法は?…そもそもノイズキャンセルってなに?

ここからは聴覚ストレスから身を守るため具体的な対策方法をご紹介します。まずは結論として、

  • 長時間のプレイを控える
  • 休耳期を設ける
  • ノイズキャンセリングイヤホンを装着してプレイ

などといった方法が効果的な対策と言われています。

とはいえ…せっかくアタリが出ているにも関わらず、途中で帰るのは勿体無いし、全くアタリが来ないのは悔しく引き際を見失ってしまう時もあると思います。(ついつい追加資金を導入…辛いですよね)

そこで今回はノイズキャンセリングイヤホンを用意して、難聴リスクを回避しながらパチンコを楽しもう!という内容となっております。

ノイズキャンセルの仕組み

ノイズキャンセルイヤホンは、字の如く「ノイズ(騒音)を打ち消す」ことができるイヤホンのことを指します。

つまり+と−を合わせれば0になるように、消したい音波と真逆の音波で騒音ノイズを打ち消すのがノイズキャンセリングの仕組みです。

通常のイヤホンは大きな音(音楽)を出して外部の音が聞こえないようにしますが、根本的に構造が違うわけですね。

ノイズキャンセルイヤホン購入時の注意点

非常に優れた遮音性が売りのノイズキャンセルイヤホンですが、人によっては無音に近い感覚が怖くなったり独特の「圧迫感」に耐えられず使用を断念する方も多いため、購入時はいくつかチェックしておきたいポイントがあります。

それは遮音性のレベル調整ができるのか、という点です。

上記でもお伝えしたように、驚くほど外部音が聞こえなくなるモデルが多く「恐怖感」に耐えきれずに手放すパターンが数多く見受けられます。(ノイズキャンセルイヤホンは高価なものも多く、失敗は痛手となります…

他にも防水性やペアリングのしやすさ、複数デバイスとの接続など様々な要素が求められるため、正直なところどれを選んで良いか分からなくなる方も多いかと思います。

ですので、次の項目では大手レビューサイトと実際に使用した感想などを交え、価格別オススメイヤホンをご紹介します。

5000〜15000円以内で買えるおすすめモデル

ここからは価格別のおすすめイヤホンをご紹介します。ざっくりと言ってしまえば「値段が高い=高性能」ではあります。

しかし、自分の求める性能と価格がマッチするイヤホンこそが最もコスパに優れ扱いやすいイヤホンと言えるため、じっくりと性能比較をしてみましょう。

【EarFun Free Pro 2】 ¥7,990

項目評価
ノイキャン
携帯性
操作性
音質
バッテリーの持ち

コンパクトボディにも関わらず、強力なノイズキャンセリング機能&10,000円以内で購入できることから、Amazonベストセラー&VGP2022金賞(※)に輝いた超コスパ良しのイヤホンです。(※VGPは国内最大級のオーディオ品評会)

φ6mmダイナミックドライバーを採用しているため、低音から高音までバランスの良い臨場感のあるサウンドを再生します。

また肝心のノイズキャンセリング機能ですが、「アクティブノイズキャンセリング(ANC)」、「外音取り込み」、「ノーマル」の3つのモードを搭載しているため、用途やシーンに合わせて柔軟に切り替えることが可能です。

これにより、外出時からパチンコ店に到着するまでの間、つけっぱなしで移動することができます。

到着まではお好みの音楽を聴きながら外音取り込みで安全に配慮しつつ、パチンコ店に入ってからはノイキャンをONにして騒音をシャットアウトする、という使い方ができます。

出典:[Amazon]

非常にコンパクトなのでポケットに入れたまま手ぶらで外出できますし、バッテリーも6時間以上の連続再生が可能なので、パチンコの帰りも音楽やラジオを聴きながら外食を楽しんだりもできるでしょう。

【Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro】 ¥12,980

項目評価
ノイキャン
携帯性
操作性
音質
バッテリーの持ち

ここ数年で飛躍的な成長を遂げているAnker社は、オーディオデバイスのみならず家電など別ジャンルの評価も非常に高く、トップシェアメーカーの人気を覆すゲームチェンジャー的ポジションと言われております。

そんなAnkerが発売したワイヤレスイヤホンですが、まずはこの性能にこの値段!?と誰もが驚いてしまうほどの超コスパイヤホンとなっており、Amazonでの評価数も大変多く、その人気が伺えます。

その高評価の理由として、「良心的価格」、「音質の良さ」、「豊富な機能搭載」など、他社にはちょっと真似できないような製品に仕上がっており、手にした人のほとんどの方がもっと早く出会いたかったと口を揃えています。

ケースが少々大きいのが難点ですが、その良心的価格のおかげで気軽にガシガシと使用することができるため、パチンコ店をはじめアウトドアや水気の多い場所でも気兼ねなく使用できるのが最大の利点だと言えるでしょう。

著者もSoundcoreシリーズを利用していましたが、圧倒的な音質とコスパがとても魅力的でした!

15000〜29999円以内で買えるおすすめモデル

【Falcon ANC】 ¥17,400〜

項目評価
ノイキャン
携帯性
操作性
音質
バッテリーの持ち

音質に特化したオーディオメーカーであるNoble社が発売した、いわゆる「全部入りモデル」と呼ばれるもので、その名の通り音のキレやノイズキャンセル機能、解像度の高さなどあらゆる性能面を向上させたワイヤレスイヤホンです。

これまでNoble社は音質のみに特化しており、それ以外の操作性や機能性はイマイチだと言われていました。

しかし今回のイヤホンでは専用アプリ連動による音質のカスタマイズや、マルチポイント(※)に対応していたりと様々なニーズに対応した結果となりました。(※1つのBluetooth機器と複数の親機を同時接続できる機能)

ホワイトカラー展開もあり性別問わず使用できるのもグッド!

音質が非常に優れているので、パチンコ用途のみならず作業用や普段使い、通勤通学など幅広いシーンに対応した使い方ができるため、音へのこだわりが強い方におすすめの一品と言えます。

【Technics AZ60】¥27,380

項目評価
ノイキャン
携帯性
操作性
音質
バッテリーの持ち

あれもこれも、色々な機能を盛り込んだマルチ性能が高いイヤホンをお求めの方にオススメな「Technics」シリーズは、国内大手家電メーカーで有名なパナソニック製のワイヤレスイヤホンです。

このイヤホンの特徴は、すべての項目が高水準でまとめられた性能の高さに加え強力なノイズキャンセル機能、そしてハイレゾ音質対応といったバランスの取れたイヤホンという点に尽きます。

ノイキャンで評判の高いソニー製イヤホンに次ぐ優れた遮音性の高さに加え、他社を大きく引き離すほどの圧倒的な音質の高さが好評を博しており、売り切れ店舗も出たほどの人気商品です。

片耳利用ができるので、片方を充電しながら音楽が聴ける!

デジタイズされた音源よりも、温かみのある音の表現が得意なモデルなので、楽器演奏をはじめとするアコースティックな音源を好んで視聴する方にもぴったりです。

30000円〜のおすすめモデル

【SONY WF-1000XM4】¥33,000

項目評価
ノイキャン
携帯性
操作性
音質
バッテリーの持ち

ワイヤレスイヤホンの使用において、全てに妥協したくない方に向けたモデルがSONYの「WF-1000XM4」です。

ミドルハイクラスに位置付けられるため高価になってしまいますが、価格に見合った高性能を搭載しているため、後からあれこれと買い直すのが嫌な場合はこれを購入すると幸せになれると言われています。

音質をはじめノイズキャンセルも最高峰のレベルとなっており、ダイナミックな音質での音楽鑑賞をはじめ、作業など集中したい時用のイヤホンとしても非常に優秀です。

最強レベルのノイキャンを搭載しているのでパチンコでの騒音もしっかりカットできるでしょう。しかし、耳へのフィット感に関しては短時間での痛くなってしまった方もいるため、購入前に家電量販店などで試着してみることをおすすめします。

【Apple AirPods Pro】¥ 33,567

項目評価
ノイキャン
携帯性
操作性
音質
バッテリーの持ち

たくさんのワイヤレスイヤホンがあり、どれを購入しようか迷った方におすすめなのが「AppleのAirPods Pro」です。

日本人はiPhoneの使用率が非常に高いため、スマホとの連動もスマートかつ簡単で切断されにくく、飽きのこないシンプルなデザインが男女問わず多くの方に支持されています。

先ほどのSONYイヤホンと本品が日本で最も使用されているというデータもあるほどです。(街行く人の耳元をチェックすると確かにみなさん付けてますよね。)

著者も発売日から毎日愛用しておりますが、不具合も無く本当に素晴らしいイヤホンです…

特筆すべきポイントは、最強クラスのノイズキャンセル機能です。ひとたびオンにすると無音空間が広がり恐怖すら覚えますが、そのおかげで作業や音楽鑑賞に没頭することができます。

またアップル製品との連動も魅力的です。MacBookをはじめアップルウォッチなどと簡単に接続することで、音楽のトラック切り替えや音量などをスマホ操作ではなく時計で調整することも可能です。

パチンコ店での使用もどこかスタイリッシュな雰囲気を漂わせることができますし、耳を労わりながらプレイが楽しめるのは嬉しいですね。

アップル製品はリセールバリューも優れており、手放すときも購入時と遜色ない価格で売却できます。

Apple(アップル)
¥31,000 (2022/08/04 14:31時点 | Amazon調べ)

まとめ

いかがだったでしょうか。今回はパチンコ店での使用におすすめのノイズキャンセルイヤホンをご紹介しました。

どうしても長時間プレイが前提となってしまうパチンコですが、騒音に長くさらされた時に聴覚へのダメージや難聴リスクなどがあり、満足にパチンコを楽しめないという声を耳にします。

そんな時は高性能耳栓としてスマートに使えるワイヤレスのノイズキャンセルイヤホンを装着してプレイすることで、耳を保護しながらプレイに没頭することができるようになります。

お好みの音楽を聴きながらプレイすることで気分も上がりますので、この機会に自分だけのこだわりが詰まったイヤホンを見つけてみてはいかがでしょうか。

また当サイトでは他にも数々のイヤホンレビュー記事を用意しておりますので、そちらも併せて参考にしてみて下さいね。

お近くの家電量販店やeイヤホンなどの専門店では、実物のイヤホンを試着してじっくり吟味することができますので足を運んでみるのもおすすめです。

e☆イヤホン秋葉原店 本館

住所:〒101-0021 東京都千代田区外神田4-7-1 新東ビル

営業時間:11:00~20:00 年中無休

買取受付時間: 11:00~19:30 (TEL)0570-06-1118(受付時間 11:00 ~ 20:00)

https://www.e-earphone.jp/user_data/shop_akb/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次