PCゲーム

BF2042 の推奨スペック&おすすめゲーミングPCまとめ(Battlefield 2042)

今回の記事を読むとこんなことが分かります。

・BF2042はこんなゲーム

・快適プレイに必要なPCスペック

・BF2042に適したゲーミングPC

『最近はバトロワ系って言われるゲームにちょっと飽きちゃったから、別のジャンルを試してみたいんだけどオススメあるかな?銃を使って撃ち合うようなヤツが好きです!』

近年では急速にバトルロワイヤル系ゲームの人気が高まり、フォートナイトをはじめAPEXなどの人気タイトルを年齢性別問わず様々な方が楽しんでおります。

しかしバトロワ系のゲームは一度やられてしまった場合、味方からの蘇生がなされない時はゲームオーバーとなってしまうので、肝心のゲーム時間より待機時間の方が長くなってしまうこともあります。

『初心者に全然優しくない…』

『度重なる激戦に少々疲れてしまった…』

このような方も増えており、趣向を変えて別のゲームをする人も増えてきました。

そこで今回は、そんな方々にオススメのfpsゲームBF2042を快適に遊ぶために必要なスペックや、オススメPCについて詳しく解説していきますので是非参考にしてみて下さい。

BF2042 とは

ここではBF2042(バトルフィールド2042)を知らない方に向けた本タイトルの基本的な情報を解説していきます。

内容は知ってるけどプレイに必要なPCスペックが知りたい方は次の項目にスキップして下さい。

20年の歴史がある大人気fpsゲームの続編!

簡単に言うと銃を撃って敵を倒し相手チームより多くのスコアを狙うゲームで、2013年に発売されたバトルフィールド4の正式な続編となっております。

舞台は前作から22年後の海外諸国で、2042年に勃発するアメリカとロシアの戦争がテーマとなっております。

もちろん架空の物語なので安心してください。

実際に存在する国名や地域、そして実在する銃や武器の数々がリアルな戦場の雰囲気を出しており、日本のみならず世界中に熱烈なファンがいる人気作品です。

ちなみにシリーズ作品は合計15タイトルで、スピンオフなども含めると20以上もの作品があり人気が伺えます。

2006年に同メーカーから発売されたバトルフィールド2142と本作は内容が全く異なるため、購入時に間違わないよう注意したいですね。

最大128プレイヤーによる壮絶な戦争が始まる…

今作は一般的なfpsゲームにあるメインストーリーモードが撤廃されたマルチプレイ専用タイトルとなっております。

まずはアメリカかロシアのどちらかの勢力につき戦争に参加するのですが、今作ではなんと最大128人のプレイヤーによる大規模オンラインバトルを楽しむことができます。(XboxやPS4版では64人)

もちろんソロプレイヤーとして1人で、またはフレンドと少人数パーティを組んで遊ぶこともできますので、64〜128人のリアルプレイヤーを集めなくても存分にゲームを楽しむ事ができます。

今作ではスペシャリストというシステムが導入され、代わりに兵役科のクラス制が撤廃されました。ゲーム開始時のスペシャリストは10人ですが、今後もアップデートで追加予定とのことです。

BF2042 最低スペック

ここからは具体的にゲームをプレイする際に必要なスペックについて詳しく解説していきたいと思います。

まず最低スペックの早見表ですが、これは『ゲームがギリギリ起動する、なんとか遊べるけど動作に不具合が生じる可能性がある』というラインのことです。

CPU Intel Core i5 6600K / AMD Ryzen 5 1600
メモリ 8GB
グラフィック NVIDIA GeForce GTX 1050 Ti / AMD Radeon RX 560
ストレージ 100GBの空き容量
fps(フレームレート) グラフィック『低』設定の場合、30〜40fpsにて動作可能(※混戦時メモリ不足表示の報告あり)

BF2042 推奨スペック

続きまして推奨スペックです。最低との違いは何でしょうか。

ここでいう推奨とは公式サイトがオススメする能力値のことで、これらを搭載したPCであれば『問題なくゲームをプレイ出来ることを保証している』ラインになります。

CPU Intel Core i7 4790 / AMD Ryzen 7 2700X
メモリ 16GB
グラフィック NVIDIA GeForce RTX 3060 / AMD Radeon RX 6600 XT
ストレージ 100GB(SSD推奨)
fps(フレームレート) グラフィック『最高』設定の場合平均62fps、『低』85fpsほどで動作可能。(※プレイ状況によって変動あり)

推奨スペックだと快適にプレイ出来そうではありますが、実際にプレイすると混戦時は大きくfpsが落ち30〜50になるといった報告が相次いでいます。

メモリは表記より多めのものを搭載することで動作が安定します。

BF2042 快適スペック

こちらは快適にプレイするために必要な快適スペックです。

快適スペックとは追加要素であるDLCやMODと呼ばれる追加プログラムを使って、よりゲームを楽しみたい場合に必要な能力値のことです。

これらを搭載したPCであれば『本タイトル以外の高スペックを要するゲームも安心してプレイ可能』であります。

色々なゲームをプレイ予定の方は下記のパーツ構成を参考に検討してみて下さい。

CPU Core i9-11900K
メモリ 32 GB DDR4 SDRAM
グラフィック GeForce RTX 3080 Ti 12GB GDDR6X
ストレージ 100GB(SSD推奨)
fps(フレームレート) グラフィック設定『最高』にて90fps、『低』では117fpsで動作可能(公式より今後のアップデートで更に最適化されると報告あり)

BF2042をプレイするのにおすすめなPC一覧

当ゲームの必要スペックをなんとなく理解したところで、そろそろ自分だけのゲーミングPCが欲しくなった方も多いかと思います。

ここからはBF2042のプレイに適したオススメゲーミングPCを3つご紹介したいと思います。

価格も性能も異なりますので、お財布と相談しながら最適なPCを選びましょう。

G-Tune PL-B-1050Ti

スペック詳細

CPU インテル® Core™ i5-11400F プロセッサー
メモリ 16GB (8GB×2 / デュアルチャネル)
グラフィック GeForce GTX 1050Ti
ストレージ 256GB (NVMe)
価格 115,280円〜(税込)

〜概要〜

国産PCメーカーでお馴染みのマウスコンピューターは、これからゲーミングPCデビューをしたい方にオススメで、バランスの取れた性能と価格にきっと満足できると思います。

こちらのPCはBF2042プレイ時に心配なメモリを8→16GBにグレードアップしているため、想像より快適なプレイが出来ます。

とはいえこちらは最低ラインのスペックですので、一度に表示される人数が多すぎる時にカクつきが起こりやすいと言えます。

設定を『低』にして遊ぶことで思った以上に快適だったと報告がありますので、ひとまずBF2042をプレイしたい方はおすすめのPCです。

GALLERIA XA7C-R36T

スペック詳細

CPU Core i7-11700
メモリ 16GB DDR4
グラフィック NVIDIA GeForce RTX 3060 Ti 8GB
ストレージ 1TB NVMe SSD
価格 209,980円(税込)

概要

大手PCメーカーのドスパラはBTO(ビルドトゥーオーダー)の専門店で豊富なパーツを利用してオリジナルPCを作成、購入することができます。

こちらのPCはCPUが11世代Corei7、グラフィックボードもRTX3060Ti 8GBを搭載しているため、BF2042公式が推奨するスペックをしっかりと満たしており快適なプレイが可能です。

またDLSS機能を搭載しているため本来の性能以上にフレームレートを上げる事が出来ます。

とは言え録画やライブ配信もやりたい!となると少々メモリ不足が気になりますので、あれこれやりたい場合は32GBまでアップグレードすることをオススメします。

GALLERIA ZA9C-R38T

スペック詳細

CPU Core i9-11900K
メモリ 16GB DDR4 SDRAM
グラフィック GeForce RTX 3080 Ti 12GB GDDR6X
ストレージ 1TB Gen4 NVMe SSD / HDD 無し
価格 399,980円(税込)

概要

ZA9C-R38TはドスパラのPCラインナップの中では高性能のハイグレードモデルになります。

こちらのPCに搭載されているグラフィックボードRTX3080Tiは、推奨スペックモデルのRTX3060Tiと比較して約2.4倍の性能を誇ります。

CPUも約36%能力が向上しており安心してプレイ出来ます。

しかし4Kで録画した動画を編集する場合は、どうしてもメモリが不足しがちですので32GBにアップグレードして快適なPC環境を整えたいところです。

BF2042をプレイする際は推奨スペック以上であってもメモリ不足に陥る可能性が高いため、購入時にしっかりと確認、または余裕のある容量にアップグレードしましょう。

まとめ

今回はBF2042を快適にプレイ出来るスペックやオススメPCをご紹介しました。

本タイトルは最近のゲームの中では中々の高スペックを要求してくるため、手持ちのPCや購入予定のPCでは動作しないのでは…?と心配になるかと思います。

しかし、グラフィックにそこまでこだわらないのであれば設定を低くすることでひとまずプレイすることが出来ます。

まずは自分だけのゲーミングPCデビューを果たし、スペックや構成に関してあれこれ試行錯誤する楽しみを少しでも早く体験して欲しいと著者は思います。

ドスパラをはじめマウスなどPC公式サイトや当記事を参考にしつつ、BF2042を快適にプレイ出来る環境づくりを目指しましょう!