PCゲーム

Back 4 Blood推奨スペック&おすすめPCまとめ

Back 4 Blood とは

Back 4 Bloodとは「Left 4 Dead」シリーズの製作者達が新しく送る協力型ゾンビFPSです。

一人称視点で仲間と一緒にゾンビを倒していくシューティングゲームになります。

・ストーリー

人間の死体を宿主にする寄生生物「リドゥン

絶滅寸前の世界を舞台に、免疫を持つ人間達「クリーナーズ」が世界を取り戻すためリドゥンに立ち向かってゆく。

引用:Back 4 Blood

・ゲームの説明

Back 4 Bloodには2つのモードがあり、CPUやプレイヤーと4人のチームを作り襲いかかって来るリドゥンをひたすら倒す「ストーリーモード

そしてリドゥン側・クリーナー側に分かれ4対4で戦う対戦型マルチプレイ「スワームモード」の2つがあります。そしてBack 4 bloodには今までのFPSにはないカードシステムが導入されています。

Back 4 Blood 最低スペック

OS 64-bit Windows 10
CPU Intel Core i5-6600(3.3 GHz)OR AMD Ryzen 5 2600(3.4 GHz)
メモリ 8GB RAM
グラフィック NVIDIA GeForce GTX 1050 Ti OR AMD Raden RX 570
ストレージ 40 GB

引用:Steam

※64ビットプロセッサとオペレーションシステムが必要です。

FPSはCPUが命

Back 4 Bloodは一人称視点のFPSになりますのでCPUはCore i5は欲しいです。

「CPU」というのはいわゆるラグ(動かした時の挙動のスピード)が多いか少ないかといったもの。

Core iの後ろの数字が大きいほどラグが少ないです。

性能があまり良くない「Atom」「Celeron」「Pentium」「Core i3」などはラグが酷いのでやめておきましょう。

Back 4 Blood 推奨スペック

OS 64-bit Windows 10
CPU Intel Core i5-8400(2.8 GHz)OR AMD Ryzen 7 1800X(3.6 GHz)
メモリ 12GB RAM
グラフィック NVIDIA GeForce GTX 970 OR AMD Radeon RX 590
ストレージ 60 GB

引用:Steam

FPSはGPUも同じくらい大事

「さっきFPSはCPUが大事って言ってたじゃん」

と思った方も多いでしょう。しかしこのGPUというのも非常に大切な要素となります。

GPUとは簡単に説明すると「映像の美しさ」です。

Back 4 Bloodのようなゾンビゲームは映像の美しさ一つでまるで迫力が違います。

最近のゲームはグラフィックが綺麗すぎて下手なホラー映画より怖いです笑

Back 4 Bloodを臨場感を味わいながらプレイしたいという方は上記の推奨スペック以上のPCをもっておきたいです。

Back 4 Blood 快適スペック 

OS 64-bit Windows 10
CPU Intel Core i7-8400以上
メモリ 32GB RAM
グラフィック NVIDIA GeForce GTX 1070以上
ストレージ 80 GB

引用:Dospara

快適に楽しむならば是非メモリにも注目して欲しい

CPU・GPUについてそれぞれ説明してきました。

快適に楽しみたい方や、Back 4 Bloodだけでなく普段色々なゲームをして遊ぶ方は、是非「メモリ」にも注目して欲しいです。

メモリというのはいわゆる容量です。

8GB以下より少ないと、もしかしたらゲームの途中で落ちてしまうかもしれません。

Back 4 Bloodをプレイする時は最低でも8GBは欲しいところです。

が、しかしメモリは優先順位は低いです。

メモリは後付け可能ですので、もし迷ってる方がいればCPU・GPUの優先度の方が高いです。

そちらを優先しましょう。

Back 4 Blood をプレイするのにおすすめな PC 一覧

GALLERIA RL5C-G50

「パソコンなんて持ってないし、そんな高いパソコンを買うお金はないよ!」

という方は安心して下さい。

「GALLERIA RL5C-G50」は、Back 4 Bloodをプレイすることも可能かつ、お金のない学生の方でも購入できるまさに「コスパ最強!」のPCとなっております。

お値段はなんと、94,980円

学生でも一ヶ月バイトすればたまるじゃん。と思っちゃうくらい安い価格です。

PCが一台10万円を下回るとは驚きです。

そして安いだけではありません。

なんとこちらのPCドスパラでおすすめノートランキングで2位になっています。

安いだけじゃなく性能もしっかりしているのも特徴の1つです。

OS 64-bit Windows 10
CPU インテル Core i5-11400H
メモリ 16GB DDR4 SO-DIMM
グラフィック NVIDIA GeForce GTX 1650 4GB+インテルUHDグラフィックス
ストレージ 512GB NVMe SSD

これくらいの大きさでしたら持ち運ぶのにも便利ですし重さも約2kgなのでリュックに入れてしまえば楽に運べちゃいます!

気になるフォルムなんですが「かっこいい。。」と思った方が多いのではないでしょうか。

なんと言ってもこのPCかっこいいだけではないんです。

なんとキーボードが光るんです。

(OFFにすることもできます)

やはり誰しも光るキーボードを使いたいと思ったことがあるのではないでしょうか。

この光る演出というのが「RGB LEDというものによる演出でゲーミングPCらしさが伺えるのではないでしょうか。

フォルムがかっこいい上にキーボードが光るこのPC「PCは持ってないけど買おうか迷ってる」「ゲームがやりたいけど値が張らないPCが欲しい」「安いけど高スペックのPCが欲しい」と言った方におすすめの一品です。

是非、かっこいいPCで「Back 4 Blood」をプレイしてみてください!

出典:Dospara

G-Tune E7

「PCはもう持ってるんだけど、もう少しハイスペックなPCでBack 4 Bloodをやりたいんだよね」

という方におすすめな高コスパPCがこちら。

「G-Tune E7 」です

気になるお値段はなんと、208,780円

今回は少し値は張りますがその代わりスペックもかなりのものとなっています笑

さっそくですがスペックの紹介です。

OS 64-bit Windows 11
CPU インテル® Core™ i5-11400H プロセッサー
メモリ 16GB (8GB×2 / デュアルチャネル)
グラフィック GeForce RTX™ 3060 Laptop GPU
ストレージ 512GB NVMe SSD

こちらのPCをみてもらうとわかるのですが、先ほど紹介したパソコンより大きめに作られています。

大きめに作られているという事はその分画面も大きく作られています。

そのためゲームがかなりプレイしやすいのです。

そしてグラフィックにも特徴があります。

FPSにおいて求められる滑らかな映像表示を、ノートパソコンに内蔵された液晶パネルで実現しており、1秒間に画面が144回書き換わるリフレッシュレート144Hz対応の液晶パネルにより、動きの速い映像も、滑らかに表現可能です。

eスポーツなど勝率を求められるプレイヤー達のニーズにこたえられるように、常に大会に近い環境での練習をすることが可能です。

Back 4 Bloodを楽しむだけじゃなくて勝率を上げたい。

ゲームをやるからには画質にはとことん拘りたい。

近いうちにe-sportsの大会に出てみたいなど、ゲーム環境こだわる方には最適のPCです。

最近はe-sportsの影響もあってかゲームにお金をかけること事態に昔ほど抵抗がなくなってきていると思います。これを機に買い換えを考えてみてはいかがでしょうか。

引用・出典:マウスコンピューター

G-Tune XP-Z (プレミアムモデル) 

「値段はあまり気にしないから、全てがハイスペックなPCが欲しいんだ!」

という方のために、最後は8KでゲームができるPCをご紹介します。

それがこちらの「G-Tune XP-Z」です。

お値段は549,780円

こちらのPC値は張りますが、8Kでゲームがプレイできるので、どんなPCよりも綺麗な画質でプレイすることができます。

ラグ(動かした時の挙動のスピード)も少なく、e-sportsで活躍しているプロの選手達と同じような環境でプレイすることが可能になります。

それでは詳しいスペックをみていきましょう。

OS 64-bit Windows 11
CPU インテル® Core™ i9-12900K プロセッサー
メモリ 32GB (16GB×2 / デュアルチャネル)
グラフィック GeForce RTX™ 3090
ストレージ 4TB

120mmの大型リアファン

これだけ大きくてハイスペックだと熱もったりしてすぐ壊れたりしないの?と疑問に思う方もいるかと思います。しかし安心してください。

こちらのPC内部で発生した熱を効率的に廃棄する120mmの大型ファンを装備しています。

CPUから発生した熱を速やかに排出できる場所に位置し底面から外気を取り込みグラフィックカードを速やかに冷却したり完成されたエアフローもついているのです。

こちらのPCがあればBack 4 BloodだけではなくPC用ゲームは全て最高解像度、最高の動作環境でできます。

かなり大きい買い物になりますがゲーム業界が盛んになってきている今他の人よりいい環境でゲームをプレイしてガチ勢の仲間入りをしてみるのもいいのではないでしょうか。

出典・引用:マウスコンピューター

いかがでしたか?

今回紹介させていただいたPCはどれも素晴らしい機能性です。

グラフィック、動作共に申し分ないと思います。

ゲーム業界はまだまだ発展途上です。

ゲームというのはこの先ずっと盛り上がり続けると思うので自分だけのかっこいいPCで「Back 4 Blood」をプレイしてみてください。