イヤホン

オススメな高級イヤホンをブランドごとに紹介していこうと思う。【ワイヤレス/おすすめメーカー/Bluetooth】

皆さんは高級イヤホンをその手にとって、あの感動的な音質を体感したことはあるでしょうか。

UIをしっかりと考えられたフォルム。

高音から低音まで幅広い音域をクリアに聴ける音質。

身体中に響くようなドンシャリ感。

これらは全て高級イヤホンを試したことがある方にしかわからない感覚だと思います。

そして国内には高級イヤホンを取り扱っているブランドやメーカーがたくさん存在します。

ということで今回は、オススメする高級イヤホンをブランドごとに紹介していこうと思います。

高級だけれど手の届きやすい価格帯で揃えてみました。

高級イヤホンのオススメブランド

イヤホン市場には様々なメーカーが参入しています。

オーディオテクニカをはじめ、ソニーやゼンハイザーなどイヤホン好きでなくとも、一度は聞いたことのあるブランドばかりだと思われます。

ということで、まずはそれぞれのメーカーごとに紹介していこうと思います。

オーディオテクニカ(audio-technica)

「オーディオテクニカ」の画像検索結果オーディオテクニカは日本の音響機器・映像機器メーカーです。

三角のデザインが特徴的であり、イヤホン好きなら一度は見たことがあるかと思われます。

イヤホンはもちろんヘッドホンのメーカーとしても大人気となっており、低価格の製品からマニア向けの製品まで幅広いラインナップを揃えているのが特徴的ですね。

ゼンハイザー(SENNHEISER)

「ゼンハイザー」の画像検索結果ゼンハイザーはドイツに本社が存在する音響機器メーカーです。

音質に非常に特化した製品を数多く販売しており、このサイトでも数多くのゼンハイザー製品を紹介してきました。

こちらのメーカーもヘッドホンを中心として音響機器を製造しており、近年ではデザイン性に凝った製品が多く見受けられるようになりました。

ソニー(SONY)

「ソニー」の画像検索結果知る人ぞ知る圧倒的知名度のメーカー。

ゲームなどのハードウェア部門を中心とし、音響機器を取り扱うメーカーとしても非常に有名です。

一時期は「ウォークマン」を販売することにより、携帯音楽プレーヤーというジャンルを確立するなど、非常にオーディオ分野に貢献してきました。

未だソニーのイヤホンは人気を衰えることを知らず、近年ではSAOという人気アニメとコラボしたりと、その知名度の広がりはとどまることを知りません。

ソニーのイヤホンの特徴は、防水やノイズキャンセリング、リモコン機能などの付随機能が充実していることが挙げられます。

JVCケンウッド(JCV・KENWOOD)

「JVCケンウッド」の画像検索結果JCVケンウッドは、古くから映像機器・音響機器などの製造に携わってきたソフトメーカーです。

別の会社であった「JCV」と「KENWOOD」が合併し、現在でもブランドとしてはそれぞれ別れて確立されています。

基本的にJCVケンウッドのイヤホンは音質重視に製造されており、独自の技術で重低音に秀でたイヤホンが多いと感じます。

ダイナミックモーション(Dynamic motion)

「Dynamic motion ロゴ」の画像検索結果ダイナミックモーションは1982年に創業したスピーカーユニット・メーカーで、現在はイヤホンやヘッドホンのドライバーユニット製造がビジネスの中心となっています。

2012頃から本格的に自社ブランドのイヤホン開発に注力し、音質という観点から見て、非常にコスパの良いイヤホンを販売しているメーカーとして有名です。

独自の技術をイヤホンに使用していることからコアなファンも多く、ぜひ一度その音質を確かめてみてください。

ボーズ(BOSE)

「BOSE」の画像検索結果ボーズはアメリカに本社を置く、スピーカーを主とした音響機器開発製造企業です。

高級なスピーカーを検討する際は、必ずと言っていいほどボーズのスピーカーが挙げられることが多く、その性能は折り紙付きです。

販売されているイヤホンの種類は少ないですが、どのイヤホンも値段以上の性能が期待できると思われます。

ビーツ(BEATS)

「BEATS」の画像検索結果ビーツはアメリカに本社を置く、オーディオ機器のブランドです。

ビーツといえばヘッドホンのブランドとして確立していますが、イヤホンの性能も捨てたものではありません。

種類こそ少ないですが、ヘッドホンでも使用している技術を存分に使用したイヤホンは、非常に期待できる製品となっております。

シェア(SHURE)

「SHURE」の画像検索結果ONE OK ROCK、10-FEET、斉藤和義、KEYTALKなどの有名アーティストが、ごぞって絶賛する音響機器メーカー。

それがシェア(SHURE)です。

イヤホンではEシリーズ、Iシリーズ、SCLシリーズ、SEシリーズと4つのシリーズで展開しており、それぞれ歴史のあるシリーズとなっております。

リケーブルできるイヤホンを多く製造していることもあり、その汎用性はピカイチです。

ブランドごとのオススメイヤホン8選

オーディオテクニカ ATH-E70

音の解像度では全イヤホンの中でトップに立つほど

口コミ
口コミ
解像度が高く、高い音から低い音まで綺麗に鳴ります。フラットでバランス良いのが気に入っています。
モニター用ということもあり、各楽器の音がしっかりと聴き分けられて楽しいです。勿論、普通にリスニング用でも使えます。
口コミ
口コミ
他のレビューにもありますが自分の耳にしっかり合うサイズが見つかると一気に化けます。予算に余裕があれば購入するべきだと思います。

ソニー XBA-N3BP

SONYのイヤホンの中では頭一つ抜けているイヤホン

口コミ
口コミ
オーディオ超超超初心者です
普段はMUC-M12SM2で3.5mmに切り替えてiPhone、pcに直指で聴いています
ハイレゾ音源では今まで聴こえなかった音が聴こえると言いますが
MP3音源でも今まで使っていたイヤホンでは気づかなかった声や楽器が聴こえました
とにかく感動の一言です
口コミ
口コミ
zx300のバランスで聴いてますが、エージング後、まるで目の前で演奏を聞いてるかのようです。買って本当に良かったです。
【レビュー】「SONY XBA-N3」はやはり頭一つ抜けて違うハイエンドモデルだった 皆さんはハイエンドモデルと呼ばれるイヤホンを実際に使用したことがあるでしょうか。 ハイエンドモデルとは同種の製品群に比べ際...

JVC HA-FD01

国内最高権威のオーディオ・ビジュアル・アワード「VGP 2018」金賞受賞

口コミ
口コミ
一言でいうととてもクリアな音が出るイヤホンです。

低音が出る出ないと多少レビューにばらつきがありますが、量としては出るほうでは
ないと思います。ただし、質は良いです。そこそこ深い低音も出ています。

口コミ
口コミ
頑張ってB◯se Apple対応イヤホンを使用しているので、初めての高級イヤホンの感想はおこがましい感じですが、
ハッキリ言って凄いです!
コンパクトなカナル型イヤホン でありながら、ダイナミック型を採用していて、
フルステンレスの重厚なボディーで、それなりの重量があるにも関わらず、
付属の5種類のイヤーピースの中から好みが選択出来、ノズルが360度回転するので、
自由なフィット感が得られ、安心の装着感です。

SHURE SE535-V-J

高すぎず低すぎない中音を聞くならこちらの高級イヤホン

口コミ
口コミ
音質はバランスの良いもので、大きな問題は無いです。とくにHiFiと言うわけでなく、安定しています。形は耳の中にぴったり入るので安定しています。846も使ってますが少し大きいので耳が痛いです。それに比べるとちょうど良いです。
口コミ
口コミ
非常に遮音性が高いので交通量が多く狭い路地では使用してません。散歩しながら少しは高音質でと思い購入しましたが、高音が響く程度で値段から考えると満足できませんでした。しかしながら使い込んで行きますとあれよあれよと音楽の洪水に飲み込まれていき、目の前の視界が音楽と同化していくような錯覚に捕らわれる程素晴らしい音質に変化していきました。
ジャズが好きな方はオススメです。
生音は鳥肌が立つほどリアルに聞こえます。

ゼンハイザー IE 800

デザイン性・値段・中高音、どれをとっても素晴らしいの一言

口コミ
口コミ
オーディオはそれほど詳しくなく、難しい話はできないので感覚での評価です。

小さい音量でもいろんな楽器の音を聞き分けられる解像感を感じられます。
しかし、当製品の凄いところは、音量を上げていったときに全く破綻することなく
解像感を維持したまま増していく圧巻の迫力です!!

音に誇張がないので、足りない部分は使用機器のイコライザーで好みに。
低音から高音まで、思い通りに素直に変化してくれます。

口コミ
口コミ
もともと低音寄りが好きな自分にとって長いイヤホン巡りに題通り終止符を打つことが出来ました。
なんといってもこのイヤホンはダイナミックとは到底思えないような高音の鳴りと低音の締り具合がなんともいえません。
しかもBAではないので低~高までの音の移り変わりに違和感が無く極めてナチュラルに聴こえます。

ダイナミックモーション DM200H

想像以上の音の立体感は鳥肌もの

口コミ
口コミ
後々気付くのですがこのイヤホンの出せる音の繊細さはかなり凄いです。どの音も外さず、しっかり伝えてくれます。5段階評価でそれぞれの音を個人的に評価するなら 高音5点 中音5 低音 3 ではないでしょうか、どうしても箱から取り出した状態でのリスニングは少し高音が甲高い気がします、元々私自身がEDMなどダンスミュージックを好む傾向にあったからでしょうか?どうしても好きになれず
購入2日後ぐらいに付属のイヤーピースの中で一番大きいサイズのものに変えたら、問題は解決しました。
口コミ
口コミ
昨日から使用し始めました。
高音の伸びや繊細さ、低音の迫力ともに想像以上でした。
いろいろな方のレビューでは上位のイヤホンと渡り合えるとのことでしたが、まさにその通りでした。
これから大事に使っていこうと思います。

ビーツ MR3L2PA/A

5分の充電で2時間再生が可能な、痒いところに手が届くイヤホン

口コミ
口コミ
・ノイズキャンセリング機能付きを今までも使ってきたが、周りの音量に合わせてくれるところが良い。
・首周りに当たるコードがしっかりしており、コードがウロウロする事がない。
・イヤフォン部分が磁石になっているので、いちいち片付ける事なく首にかけたままでも落とす事がない。
・操作がとても簡単。
・充電時間が短くても長時間使える。
口コミ
口コミ
W1チップ搭載ということもありiOSデバイスとの相性は非常に良好です。起動が早く、使用可能になるまでのラグがないためとてもストレスフリーです。あまり行うことはありませんが、iPad Proとの接続切替も楽で便利だと思います。
平日は往復4時間の通勤時間中に必ず使用していますが帰宅後に確認すると50 %程度は充電が残っており、バッテリーの持ちも良いです。

Bose QuietComfort 20

圧倒的なノイズキャンセリング精度に驚くこと間違いなし

口コミ
口コミ
いわゆる日常の騒音の中で音楽を楽しむために二年前に買いました。二年間使ってみての感想ですが、近隣の建設工事や解体工事、部屋の横を通る車の走行音のみならず、部屋の空調音、ファンヒーター音なども気にならなくなります。夜の暴走族や台風や雷の音もほとんど気にならず、購入時から毎晩就寝時に着けて寝ています。
口コミ
口コミ
ノイズキャンセリング機能が素晴らしいです。
飛行機に乗るときは必ず持っていき、そこそこの音量でクラシックを聞いているとリラックスできます。
お値段だけのことはあります。